今話題になっている歯科技工所や歯医者を直撃|フィーバーの条件

女性

治療費が戻ってくる

矯正治療において知っておきたいこと

男性

矯正歯科医院で治療を行う場合、一年間に多額の医療費を支払った人は医療費控除の対象になることをご存じでしょうか。確定申告の際に日本矯正歯科学会の認定医の診断書があれば基本的には対象となるのです。 原則として、1年間に10万円以上の医療費であれば控除を受けることができます。ただし、年間所得が200万円未満の場合は、所得の5%を基準として超過分から適用されることを覚えておきましょう。 美容目的と認識されやすいですが、矯正治療はかみ合わせを改善することを主な目的としているため医療控除が適用されるケースも少なくないのです。大人に限らず子供の矯正治療でも同じことが言えるので、諦めずに申告しておくことをおすすめします。

矯正治療の最新技術について

矯正治療費は基本的には治療期間の長さや矯正器具によって上下します。というのも、治療中は1、2カ月に一度はメンテナンスを受ける必要があるからです。そのため、治療が長びければ長びくほど治療費がかかります。逆に、治療が長引かないような治療法を選べれば、全体的な費用を抑えられるということになりますね。 矯正歯科の最新治療方法に「デーモンシステム」というものがあります。「デーモンシステム」は従来の治療法とは違い、治療期間が短くなるとされています。矯正装置費自体も従来のものとほとんど変わりが無く、それに加えて抜歯のリスクも低いことから、今注目されている治療法なのです。 「デーモンシステム」を選べる矯正歯科医院は限られますが、このような治療法もあることを覚えておいても損はないでしょう。