今話題になっている歯科技工所や歯医者を直撃|フィーバーの条件

女性

健康的な歯を歯科で作る

歯医者

歯科で治療をうけるときには、適切な歯科を探しておく必要がありますい。歯は、スポーツをしている人はモデルをしている人にとって健康な状態を維持していることはとても重要なことです。歯科で健康的な歯を作りましょう。

Read More

目立たない矯正器具

新しいタイプの矯正器具

男性

矯正歯科治療の需要は今後、増えることが予想されます。なぜなら、患者の治療中の負担を軽減させる取り組みがなされているからです。 矯正歯科治療が長年抱えていた問題は、矯正器具の問題です。矯正歯科治療で歯に矯正器具を装着することは必須ですが、従来の矯正器具は、一目見て矯正歯科の治療を受けていると分かるほど目立っていました。 何も、矯正歯科の治療を受けることに後ろめたさを感じることはないでしょう。しかし、目立つ矯正器具を装着し、他人から注目を浴びることに関しては多くの人が不快に感じていたことでしょう。そんな思いをしたくないから、矯正歯科の治療を受けないという人もいたはずです。 しかし、現在では歯科技工所で新しいタイプの矯正器具が開発されており、従来よりも格段に目立たなくなっています。また、目立たないどころか見えない、歯の裏側に装着する矯正器具もあります。 これらの矯正器具は、まだ一般的とは言えませんが、今後、一般的になることでしょう。そうなれば、矯正歯科の治療を受ける人は、今よりも多くなることでしょう。

ほとんどの治療が保険適用外なので、治療費は高額

しかし、矯正歯科治療には、まだ問題が残っています。その問題とは、保険適用範囲が狭いことです。従って、ほとんどの治療は保険適用外で行われています。 保険適用外治療の治療費は、全額自己負担です。矯正歯科治療はコストがかかる治療となりますから、全額自己負担となると、かなり高額な治療費を支払わなければならなくなります。このことが、まだ残っている問題です。ちなみに治療費の相場は、子供だと50万円程度、大人だと100万円程度となっています。 保険適用条件の見直しがなければ、この問題は解決しないのですが、現在のところ、見直しの予定はないようです。しかし、この状況下でも対応策はあります。 10万円以上の医療費を1年間に支払っている場合、納める税金の一部が免除される医療費控除という制度があります。この制度を利用すれば、結果的にではあるのですが、治療費の負担を軽減することができます。ですから、矯正歯科の治療を受ける際には、医療費控除のことを歯医者に相談した方が良いでしょう。

後回しにしない

女性

虫歯になるとしっかりと治療を受けることが大切になります。後回しにしていると状態が悪くなり、治療をするときに期間がかかってしまいます。短期間での治療を望んでいるときには、そういった歯科を探して治療を行ないましょう。

Read More

治療費が戻ってくる

男性

1年間で矯正歯科で治療を行なったとき多額の治療費を支払っている場合は、医療費控除を受けることができます。確定申告をすることで費用が戻ってくるので安心して治療が受けられるでしょう。

Read More...